雪囲い大失敗!雪の重みで木立バラの枝が無残な状態に・・・

この記事は1分で読めます

雪囲い大失敗!雪の重みで木立バラの枝が無残な状態に・・・庭の雪もだいぶとけてきて、ところどころ地面が顔を出し始めた今日このごろ。

 

とけ残った雪の塊がある部分を少しでも早くどかしてあげようと

シャベルで慎重に掘り進めていたところ、

雪囲いしたはずの木立バラ、ブルームーンの枝が

なぜか思いもかけないところまで倒れているではありませんか!!

 

 

あまりにショックな状態のため、しばし呆然とするわたし・・・

 

 

え・・・?これって一体・・・

雪の重みに雪囲いもろともやられたことは分かっています。

ええ、分かっていますとも。

 

ですが、昨年の冬はここまでならなかったのでかなりの衝撃を受けてしまいました。

 

ブルームーンの向かい側にあるハンスゲーネバインも同じく、

枝が折れるという悲惨な状況。

 

 

奥にあるファビュラス!はなんの被害もなくひょうひょうとしているので、

どうして手前側だけこうなってしまったのか考えてみたら

ものの数秒で答えが分かりました。

 

そう言えばこの間、夫と長男がこのあたりに雪を積んでいたような・・・

リビングの窓越しに身振り手振りで「ダメ!」と注意して

なんとか難を逃れたかと思っていたのですが、

やらかしてしまっていたようですね、あの2名が。

 

折れた木立バラの枝は計3本。

 

 

高さを合わせるために販売されている大苗ぐらいまでバッサリと剪定しました。

 

雪が降る前の時点で枝をもっと切り詰めておけば

こんなことにはならなかったんでしょうけど。

 

芽がふくらんでいる部分もだいぶ切り落としてしまったので、

今年の花はどうなるんでしょう??

失敗から学ぶつもりで、今後どう成長していくかじっくり観察していきたいと思います。

 



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

ブログランキング参加中です。

いつも応援ありがとうございます^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

このブログについて

プロフィール画像
こんにちは!布施ほたるです。

つるバラと宿根草についての話とフラワーアレンジ、押し花についての話をゆる~く語っています。

ときたま子育ての話や気になることなどもぽつぽつ語ります。

植物によって得られる“癒し”は何事にも替え難いですね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

ブログランキング参加中です。
いつも応援ありがとうございます^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る