木立バラ ハンスゲーネバインが開花!宿根草タナセタムと相性抜群

シルバーがかった薄いピンク色でとっても透明感のある木立バラ ハンスゲーネバインが開花しました。 ハンスゲーネバイン こちらのハンスゲーネバインの周りには、バラのコンパニオンプランツとして宿根草のタナセタム“ジャックポット”を植えています。 ハンスゲーネバイン タナセタム 開花時期がぴったりなのはもちろん、大体同じぐらいの高さで花を咲かせるので本当に相性抜群なんですよね!

タナセタムのほかにはブルーキャットミントジギタリスなども一緒に合わせています。 ハンスゲーネバイン ハンスゲーネバインは1つの枝の先端に複数の花をつける房咲きタイプのバラ。花自体は4~5cmと中輪サイズでそれほど大きくないですが、ブーケのようにまとまって咲くのでとっても見栄えがするんです。 ハンスゲーネバイン ハンスゲーネバイン ハンスゲーネバイン タナセタムハンスゲーネバインの上方にはアーチに仕立てたジャスミーナ。こちらも徐々に咲き始めました。 ハンスゲーネバイン ジャスミーナ アーチ 多分、つぼみの数が我が家のバラの中で最多なので満開になったらとんでもないボリュームになるはず。今から花がら切りが恐ろしいです(笑)。バラ 庭 アーチ壁面に仕立てた早咲きのバラたちがだんだんと終わっていくのに代わって、リビング前の庭がだいぶにぎやかになってきた今日この頃。

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください