“子羊の耳”のラムズイヤーでハッピーニューイヤー!

この記事は2分で読めます

“子羊の耳”のラムズイヤーでハッピーニューイヤー!新年明けましておめでとうございます!

 

年明け前に風邪をひいてしまったのですが、

今のところ家族に移るようなこともなく

だんだんと快方に向かっているところです。

 

 

今日は2015年に突入して一発目のブログ記事だということで、

どんな内容の記事を書こうかな~??

とうつらうつら考えていました。

 

で、ふと横を見たら年賀状に描かれている羊キャラが目に入り・・・

 

あ!そう言えば今年はひつじ年だ~!!

ということでこの宿根草についての記事を書くことに決めました。

 

その宿根草とはこれ、ラムズイヤーです。

 

 

ふわっふわの柔らかい産毛のようなものが全体に生えていて、

さわり心地はしっとりしたベルベットのような感じ。

“ラムズイヤー”という名前の通り、

まるで“子羊の耳”のようです。

 

このラムズイヤー、我が家にも1株あって、

植え付けて2年が経った今は茎がどんどん横に広がって

かなりの大株になってきました。

 

 

ちょっとラムズイヤーだけ撮影した写真がなかったので

分かりづらくてごめんなさい。

写真の左端に2茎ほど立ち上がっているグレーっぽいカラーリーフが

大株になりつつあるラムズイヤーですね。

 

ラムズイヤーって、放っておくとどんどん伸びて草姿が乱れがちになるので、

美しい立ち姿を楽しむためにはこまめな剪定が必要です。

 

茎が伸びて草丈が高くなってきたときや花後などに

なるべく低い位置で切り戻してあげると、

また柔らかい芽がびっしりと出てきます。

シソ科ということもあって、成長がとても早いんですよね。

 

写真をよーく見ていただければ分かるかと思いますが、

ラムズイヤーの魅力はカラーリーフとふわふわの触感だけじゃなく、

可愛らしい小花にもあるんです。

夏には写真のように赤紫色の花穂を楽しむこともできます。

 

ラムズイヤーは耐寒性の強い宿根草として知られていますが、

反面、高温多湿の気候に弱いので、

暖地のほうでは栽培しにくいと言われています。

でも、梅雨の時期や夏にかけて雨に当てない工夫をしたり、

風通しや水はけを良くするために高うねにしたりすることで

暖地でも育てることができるようになります。

 

ラムズイヤーはプリザーブドフラワーやドライフラワーとしても利用できるんですが、

去年は伸びきったラムズイヤーを切り戻したときにそのままポイしてしまっていたので

今考えればもったいないことしたな~って感じです。

 

今年はラムズイヤーのドライフラワーにもチャレンジしてみたいなぁ!

と思っているところです。

 



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

ブログランキング参加中です。

いつも応援ありがとうございます^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

プロフィール画像
こんにちは!布施ほたるです。

つるバラと宿根草についての話とフラワーアレンジ、押し花についての話をゆる~く語っています。

ときたま子育ての話や気になることなどもぽつぽつ語ります。

植物によって得られる“癒し”は何事にも替え難いですね。

新ブログ『バラの育て方と栽培日記』も合わせてご覧くださいね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

ブログランキング参加中です。
いつも応援ありがとうございます^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る