レイニーブルーとピエールドゥロンサールの意外な競演

この記事は2分で読めます

レイニーブルーとピエールドゥロンサールの意外な競演プロフィール画像に使用しているこの写真。

2種類のつるバラが一斉に咲き誇っています。

この2種類のつるバラ、どちらもプランター栽培で隣り合わせに置いて

花が混じりながら咲いているように演出しているんです。

 

 

↓全体像を公開するとこんな感じ。

ちょっと周りが煩雑になっているのはご愛嬌(笑)

 

手前にある、白っぽく見えるバラはサニーノックアウトで、

その隣に枯れかけた葉が見えているのは、咲き終わったスイセンです。

 

この2種類のつるバラ、こういう配置にしようと思っていたわけではなく・・・

いずれはそれぞれ別の場所で仕立てる予定なんですが、

今年はこんなふうに咲かせてみました。

つるバラでもプランター栽培だと好きな場所に移動できて便利ですよね♪

 

左側の薄紫色のつるバラはレイニーブルーです。

↑写真をクリックするとバラの家のページが開きます。

 

レイニーブルー

作出国:ドイツ (タンタウ社)

作出年:2012年

咲き方:四季咲き

花色:藤色

花形:ロゼット咲き

花の大きさ:中輪 6cm

香りの強さ:微香

樹形:つる性

樹高:1.5m

樹勢:強い

耐病性:強い

おすすめの仕立て方:トレリス、フェンス、アーチ、ポール、壁面

ボンボンみたいな花が房になって次々に咲きます。

透明感のある花色も素敵だし、

徳永英明さんの素敵な歌『レイニーブルー』のイメージにぴったりだと思いませんか?

 

そして、右側の薄ピンクのつるバラはピエールドゥロンサール

バラ好きであれば知らない人はいないであろう、銘花ですよね。

カップ咲きのコロンとした可愛らしい花形と

中心から外側にかけてのピンクと白のグラデーションが

まるで天国の花園にいるかのような雰囲気をかもし出しています。

↑写真をクリックするとバラの家のページが開きます。

 

ピエールドゥロンサール

作出国:フランス Marie-Louise Meilland

作出年:1987年

交配親:(Danse des Sylphes×Handel)×Kalinka Climbing

系統:LCl ラージフラワードクライマー

咲き方:返り咲き

花色:クリーム地にピンク

花形:カップ咲き

花の大きさ:大輪

香りの強さ:微香

香りの種類:ダマスク系

樹形:つる性

樹高:2.5m

樹勢:強い

耐病性:強い

耐陰性:普通

耐暑性:強い

耐寒性:強い

おすすめの仕立て方:オベリスク、ポール、トレリス、フェンス、壁面

その他の特徴:低・無農薬栽培可能

 

この2種類のつるバラが

こんなにもやさしく溶け合うことになるとは思いませんでした。

色のトーンが同じだからなんですよね。

ボコボコッと咲き連なる様子もとっても似ているコンビです。

 



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

ブログランキング参加中です。

いつも応援ありがとうございます^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • CaliforniaLilac
    • 2016年 5月3日

    アンティークピンクとラベンダーブルーの組み合わせが
    とっても素敵ですね♪
    現在知り合いのお庭のコーディネートを頼まれ、
    メインガゼボのバラをピエールとレイニーブルーにしたら
    素敵だと思い、植え込みしましたが未来予想図としてこの
    写真を加工して使わせて頂きたいと思います。

      • 布施 ほたる
      • 2016年 5月8日

      CaliforniaLilacさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      商用利用でなければ問題ありませんので、
      参考にしていただいて大丈夫です(*^^*)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

プロフィール画像
こんにちは!布施ほたるです。

つるバラと宿根草についての話とフラワーアレンジ、押し花についての話をゆる~く語っています。

ときたま子育ての話や気になることなどもぽつぽつ語ります。

植物によって得られる“癒し”は何事にも替え難いですね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

ブログランキング参加中です。
いつも応援ありがとうございます^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る