白モッコウバラ

Tagged
つるバラ キャスリーンハロップ

トゲなしつるバラ キャスリーンハロップとゼフィリンドルーアン開花

玄関ポーチのポールに誘引しようと鉢植えにしたトゲなしつるバラ、キャスリーンハロップとゼフィリンドルーアン。 トゲがないうえに香りも強く、しかも返り咲き性があるといううれしい品種です。この2つの品種は枝変わりの品種で、違う部分と言えばその色だけ。キャスリーンハロップが淡いピンクで、ゼフィリンドルーアンが濃いピンクになりま...
10953 PV
クレマチスモンタナルーベンス

白モッコウバラと花期が合う!クレマチス モンタナ ルーベンス開花

時折、庭中のバラや草花が一斉に咲いてくれたら…と思うことがあります。もちろん花にはそれぞれ花の咲く時期(花期)があるのでそんなことは叶わないわけですが、もしそれが叶えられたとしたらそれはもう夢のような光景だろうと想像したりします。我が家のバラの中で一番早く開花するのは白モッコウバラ。剪定以外、世話という世話はほとんどし...
8510 PV
白モッコウバラ 剪定後

モッコウバラの剪定で切るべき枝と残すべき枝はどんな枝?誘引前&誘引後も

春一番に花を咲かせてから、これでもか!というほど伸びに伸びたモッコウバラの枝。モッコウバラの剪定時期は一般的なつるバラの剪定時期と違って梅雨明け後~夏の間なので、この時期はもうとっくに剪定は終了していて誘引作業に移る段階ですよね。我が家でもこの夏、伸びすぎて収拾がつかなくなった白モッコウバラをバッサリ剪定し、ついでに誘...
69918 PV
ポールズヒマラヤンムスク ピエールドゥロンサール

ピエールドゥロンサールとポールズヒマラヤンムスクの最愛コンビが全盛に!

玄関ポーチ横の白モッコウバラ(写真左)が滝のように開花した後に続いて、壁面いっぱいに仕立てたポールズヒマラヤンムスク(写真右)が一斉に咲きそろいました。 つい最近までポツポツとしか咲いていなかったポールズヒマラヤンムスクですが、こんなふうに一気に花開くととてつもない迫力です。 このポールズヒマラヤンムスクのすぐ隣には、...
15611 PV
ポールズヒマラヤンムスク

ポールズヒマラヤンムスク&マダムアルフレッドキャリエール開花!宿根草も続々開花中

昨日は雨がしとしと降っていて庭をじっくり観察することができなかったのですが、壁面に仕立てたポールズヒマラヤンムスクがひっそりと咲き始めていました。ポールズヒマラヤンムスク まだポツポツと咲いている程度ですが、ポールズヒマラヤンムスクはやっぱり本当に可愛いです。マダムアルフレッドキャリエールレンガ花壇へ半地植えにしたいと...
7806 PV
宿根草 ベニカノコソウ

白モッコウバラの開花までもうひといき!バラのつぼみ祭りと宿根草ベニカノコソウ

庭中のバラたちのつぼみがどんどん上がってきています。早咲き、遅咲きと開花時期はバラバラですが、早咲きのバラのつぼみを中心に記録しておきたいと思います。宿根草のベニカノコソウが咲き始めたのでそちらも合わせてご紹介しますね。早咲きの白モッコウバラは開花真っ盛り!先日咲き始めてからどんどん花数を増やしているのがこちらの白モッ...
7755 PV
白モッコウバラ

白モッコウバラ開花!クレマチスや春咲き宿根草も咲き始めました

今年最初のバラの開花はやっぱり白モッコウバラ。このところ雨続きで庭のパトロールもろくに行えていなかったので気づくのが遅くなってしまいましたが、連休中に白モッコウバラがいくつか開花していたようです。 窓際の上のほうから咲き始めました。一番日当たりがいいからでしょうか。 白モッコウバラは花のひとつひとつはとても小さいですが...
6259 PV
モッコウバラの花がら切りは必要?不要?花後の作業と庭の様子

モッコウバラの花がら切りは必要?不要?花後の作業と庭の様子

我が家にお迎えして3年目にして今年はじめて開花した白モッコウバラ。美しかった花色も茶色く変色してきて、そろそろ花の時期も終わりに近づいてきました。四季咲きバラの場合は、1番花が終わってから次の2番花を早く咲かせるために花がら切りの作業を行いますが、モッコウバラの場合は一季咲きなので基本的に花がら切りは不要です。白いバラ...
25163 PV
収穫前のジャンボいちごに訪れた悲劇…

収穫前のジャンボいちごに訪れた悲劇…

先日の記事でもお伝えしていたジャンボいちごについて、今日はとても悲しいお知らせがあります。赤く色付いてきたジャンボいちごの実が真っ赤に熟してきて、「さぁ、明日にはいよいよ収穫だね!」と話していた矢先。ジャンボいちごの持ち主である長男の目の前でそれは起きました。リビング前のバラのアーチに大きな野鳥が羽を休めているのを発見...
5901 PV