1. 我が家の北側コーナーには、 ライムグリーンの色が鮮やかなネグンドカエデが 伸び伸びと枝葉を広げています。 そしてその足元に植えてあるのがアオキとシマヒイラギです。 アオキもシマヒイラギも斑入りの葉…

  2. 季節ごとに寄せ植えを作って 衣替えをするように草花を育てていくのって本当に楽しいですよね。 春には春らしいパステルカラーの寄せ植えにしようとか、 秋には秋らしくシックなカラーの寄せ植えにしようとか・・・…

  3. 我が家にお迎えして最初の1年は地植えだったモッコウバラ。 それからコンテナに移植して2年、 いまだ花を一度も見たことのないモッコウバラに ついに初めてのつぼみができました!! …

  4. 昨年の春は花が見られなかったアオダモの木。 春になってもなかなか芽吹く気配がなくて心配したことを思い出します。 ですが、今年は無剪定だったこともあるのか、 昨年の心配をよそに順調な生育が見られます。 …

  5. 思いっきり園芸作業をするわけではないけれど、 庭をパトロールして回っているときにちょっとしたことが気になって つい手袋なしでバラの枝の中に手をつっこんでしまうこと、ありませんか? […

  6. 山形県の山形市にある桜の名所、 霞城公園にお花見に行ってきました。 [ad#ad-1] その名前に“城”という字が入っていることからも…

  7. ぶわ~っと一面にバラの花が咲くと、 とっても豪快で見ごたえがありますよね。 とくに一季咲きのバラの場合は1年に一度の開花なので、 四季咲きのバラと比べると花を咲かせるエネルギーはすごいものがあります。 …

  8. 春の草花の代表としてたくさんの人に愛されている花、 パンジーとスイセンが今真っ盛りです。 パンジーはガーデニング初心者の方にも育てやすい一年草ですし、 スイセンも手間のかからない球根植物として人気があり…

  9. バラを育てていく上で知っておきたい基礎用語に、 バラの“シュート”というものがあります。 バラを栽培し始める前は、シュートと聞くと サッカーのシュートのことしか頭に思い浮かばなかったわたしですが、 …

  10. 隣の家と裏の家の境に面している北側の角に植えてあるのが ネグンドカエデ ケリーズゴールド。 ライムグリーンの目の覚めるような葉色が美しい品種で、 北側の一角を華やかに彩ってくれています。 &nbs…

  11. 2015年の母の日は5月10日(日)。 母の日のプレゼントは何にするか、もう決まりましたか? 今回は、母の日のフラワーギフトに最適なプリザーブドフラワーアレンジメントのご紹介です。 …

  12. 我が家の玄関先にあるシンボルツリーのアオダモの芽が ぷっくりと可愛らしくふくらんできました。 もうひといきで葉が展開しそうです。 [ad#ad-1] わたし…

  13. 鉢植えのバラを購入していざ地植えに! これまで鉢で育てていたときには葉も青々とした緑だったのに、 地植えにしたとたんに色素が薄くなってきてだんだん黄色の葉に・・・ そして、最終的に葉が落ちてしまった! …

  14. 地植えのバラが枯れてしまったので新しくバラを植えたい! もしくは 今あるバラを他の場所に移植して違うバラを植えたい! このような場合、注意しなければいけないことがあります。 そ…

  15. バラの苗の株元を見てみると、 テープがぐるぐる巻きにされている場合がありますよね。 バラを初めて手にする方からすれば 「何これ??もしかして折れてるの!?」 っていう感じかもしれません。 で…

RETURN TOP

このブログについて

プロフィール画像
こんにちは!布施ほたるです。

つるバラと宿根草についての話とフラワーアレンジ、押し花についての話をゆる~く語っています。

ときたま子育ての話や気になることなどもぽつぽつ語ります。

植物によって得られる“癒し”は何事にも替え難いですね。

新ブログ『バラの育て方と栽培日記』も合わせてご覧くださいね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

ブログランキング参加中です。
いつも応援ありがとうございます^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る