Page 7

小さな庭に植えてはいけない植物!宿根草フジバカマ、地植えで後悔

小さな庭に植えてはいけない植物!宿根草フジバカマ、地植えで後悔

今日は、前々から気になって気になってしょうがなかったフジバカマを思い切って処分したいと思います。もともとは今の家に引っ越してきたときに園芸好きの近所のおばちゃんから「お近づきのしるしに…」ともらったフジバカマ。そういう経緯もあって、通りの目立つところに植えたほうがいいだろうと地植えしたのですが…。それがどうにもこうにも...
20522 PV
伸び放題の白モッコウバラ、夏の本格剪定でスッキリ!

伸び放題の白モッコウバラ、夏の本格剪定でスッキリ!

花が終わった後のモッコウバラはこれでもかっ!というほどシュートが伸びに伸びます。我が家の白モッコウバラの栽培場所は玄関の脇ということもあって、あまりに伸び放題なのは見た目上問題があるということで不要枝を中心に本格的に剪定することにしました。モッコウバラの剪定適期がちょうど今頃ということもあり、思いっきりバッサリといっち...
18325 PV
ブルーベリー ラズベリー 収穫

ブルーベリーは2本ないと実がつかない?1本でも実る?ブルーベリーの収穫

2本あった鉢植えのブルーベリーが1本になってしまってから2年目。今年もブルーベリーの実を収穫する時期になりました!当初、ブルーベリーの苗木を購入するとき、「ブルーベリーは品種の違う2本以上の木を近くに置いておかないと実がつかないよ」という内容の話を耳にしていて、実際に調べてみるとそうらしいので2本購入したのですが、その...
14339 PV
クリーピングタイム 種

宿根草ルピナス(ノボリフジ)とハーブ クリーピングタイムの種まき

夫の実家の庭で毎年豪華に咲くルピナス、別名ノボリフジの種をもらってきたので、早速種まきをすることに。…とその前に、まずは殻から種を取り出さなければなりません。ルピナスはマメ科の植物なのですが、種が包まれている殻自体がやっぱりマメっぽい感じ。種を取り出している途中で何度も「パンッ!」と弾けてバラバラッと種がそこらじゅうに...
11463 PV
西洋ニンジンボク ローズポンパドゥール

西洋ニンジンボクとローズポンパドゥールのコラボと害虫三昧

花が咲き始めてからあっという間に満開を迎えた西洋ニンジンボクが隣にあるバラ、ローズポンパドゥールと一緒に素晴らしいコンビネーションを見せてくれています。夏場、ほかの植物たちが活動を休止している間、この西洋ニンジンボクは次から次へと花穂を立ち上げてスカイブルーの見事な花を見せてくれるんです。一方、半つる性のバラでいわゆる...
16238 PV
ナツユキカズラ

ナツユキカズラ開花!夏のお中元『御用邸チーズケーキ』と最後のサクランボ

繊細なレースのような小花を咲かせる夏のつる性植物、ナツユキカズラが開花しました。ナツユキカズラは漢字で書くと“夏雪蔓”。まるで夏にうっすらと積もった雪のように見えることからこんな素敵な名前がついたそうです。我が家のナツユキカズラは、鉢植えから地植え、そして地植えから大型コンテナへと場所を転々としていますが、ほかのつる性...
6688 PV
コニファー 下草 アイビー

コニファーの下草、アイビーのつるの切り戻し作業終了

今日は庭の整理第2弾として、コニファーの下草となっているアイビーのつるの切り戻しをしました。アイビーはヘデラ ヘリックスともいいます。 コニファーもアイビーも、もともと外構業者さんが設計&植え付けしたもの。これら+シンボルツリーのアオダモ以外がわたし個人のガーデニングになります。我が家のアイビーは斑入り品種でもなんでも...
12507 PV
タマリュウ

駐車場目地スペースのタマリュウ処分&植え替え

今日は、庭の整理第1弾として、前々からなんとかしたいと思っていた駐車場の目地スペースについてのお話です。新築当初から駐車場の溝にデザインとして植え付けられているタマリュウですが、このタマリュウがところどころ枯れてきてしまって歯抜け状態になっていたり、タマリュウとタマリュウの間に雑草がはびこっていたりといろいろ問題があり...
39039 PV
ジャスミーナ

【7月のつるバラ作業】シュートの保護と整理 ハダニとコガネムシに注意!

東北は梅雨入りしたばかりですが、梅雨明けすると一気に盛夏がやってきます。暑い夏は人間にとってもつるバラにとってもツライ時期。今回は、7月にやっておきたいつるバラ作業として大事なところをまとめておきたいと思います。シュートの保護と整理先月ぐらいから勢い良く伸び出したシュートは折れないように麻紐などで支柱や構造物に固定して...
12125 PV
アジサイ アナベル

東北南部梅雨入り発表後の雨の中で

梅雨時期には梅雨時期ならではの楽しみというのがあります。わたしは雨がそんなに嫌いではないので、小降りだったら傘なしでふらふらと庭に出て植物を眺めたりします。今日は東北南部が梅雨入りしてからはじめてまとまった雨らしい雨が降った日なのではないでしょうか。明るい日差しの中、いきいきとした植物の姿を見るのはもちろん楽しいですが...
5105 PV
ホリホック タチアオイ

ホリホック(タチアオイ)はローメンテナンスな夏の宿根草

初夏から夏にかけて咲く大型の花と言えばこのホリホック。和名ではタチアオイという名前で知られていますよね。このホリホックは6月も中旬を過ぎるといたるところで見られるようになる花で、なんともノスタルジックな雰囲気をもつ宿根草です。わたしが子どもの頃は学校帰りに花を摘んでペタペタする花びらを顔につけたりして遊んだものでした。...
13100 PV
ヘンリーヅタ

【ちょっと後悔…】人気のつる性植物ヘンリーヅタ、今年も生育旺盛!

つる性植物がとにかく大好きなわたし。つるバラのほかにもさまざまなつる性植物を育てています。つる性植物には強健なものが多く、放任でもお構いなしに大きく育つワイルドさがあります。なかでも生育旺盛で手が付けられないのがヘンリーヅタ。「もうこれ以上伸びなくってもいいよ!」と言いたくなるほど生育が止まらないんです。少し放っておく...
21319 PV
初夏に咲く宿根草in実家の庭|イチョウ、キウイ、ハナショウブ、ギボウシetc

初夏に咲く宿根草in実家の庭|イチョウ、キウイ、ハナショウブ、ギボウシetc

今日は久しぶりに実家に遊びに行ってきました。時期的に初夏に咲く宿根草がにぎわっていたのでちょっとだけご紹介します。これは実家の門を入ってすぐのところにあるイチョウの木。幾度となく枝を伐採されながらもたくましく枝葉を広げています。…というか、広げすぎ??庭の裏にもイチョウの木がありますが、こちらは池の脇にあるイチョウの木...
5767 PV
セアノサス マリーサイモン

雨の重みで倒れそうなセアノサス マリーサイモンに支柱を

この間までふわふわとした優しい花をつけていたセアノサス マリーサイモン。しなやかな枝が特徴の常緑低木で、最近人気が高まっている花木です。このセアノサス マリーサイモンが昨夜一晩中降り続いた雨でこんな状態になってしまっていました。雨の重みで枝がかなりしなって今にも倒れそう!花後にできる実のようなものも手伝って、枝の先端に...
9248 PV
モッコウバラ シュート

モッコウバラ花後の剪定はいつ?シュートの整理をするなら今!

モッコウバラの花が終わって花がらも自然に落ちた6月下旬~7月上旬。この時期、花後のモッコウバラはどういう状態になっているかというと、この通り、シュートがアホ毛のようにツンツンと伸びだしています。モッコウバラのシュートは伸びだすと収拾がつかないぐらいになると聞いていますが、確かにその通りかも…。毎日目にしているのに昨日よ...
30822 PV
ガウラ ロシアンセージ

花期の長い宿根草としておすすめ!ガウラとロシアンセージ

「花期が長いか短いか」これはわたしが宿根草を選ぶときに最重要視するポイントです。花が咲いている期間が長いというのは、やっぱりお得感がありますからね。とくにフロントガーデンは人目につく場所なのでいつも何かしらの花が咲いているような場所にしたいと思い、「花期が長い」という1点に主眼をおいて宿根草を選んでいます。そしてそうや...
30655 PV